読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tanyの殴り書き

29歳自由人が殴り書きします

 

イベントスタッフの単発、日雇いバイトってキツイ?稼げる?

バイト・副業 バイト・副業-単発・日雇いバイト
このエントリーをはてなブックマークに追加    
 
  
follow us in feedly

f:id:tany1986:20150608070746j:plain

大学生や地方から出てきた人間にとってはよく目にすると思うイベント求人。

日雇いや単発バイトでコンサートの設営や警備等々、そこそこの高単価でバイトができる一見美味しそうなバイトです。

フリーターやニート、大学生、誰でもバイトできるのが単発バイトの強み。

この前こんな記事を書きました。

 

単発、日雇いバイトってすぐお金が稼げる?大変なの?

 

するとコンサートの設営は地獄だった。

イベントの単発バイトなんてもう二度としたくない!

といった声が多かったのです。イベント業界の本質的な業務からすればまずは入りがちょっと違うと思うんですよね。

なので実際のイベントバイトの内情と評判を書いていこうと思います。

 

イベントスタッフとは?

イベントの代表例は、「コンサート」「ライブ」「ヒーローショー」「販売会」「セミナー」など様々。仕事内容もイベントによって異なるが、例えば、グッズ販売やチケットもぎり、会場の案内、会場の設営・運営、販売支援、警備などがある。イベントで、どのような仕事をするかは、当日に知らされることも多いようだが、運がよければ、ライブやコンサートのリハーサル風景が見られることもある。

イベントスタッフは、イベントの開催期間のみの仕事なので、1日からの短期から探せる。一般的には、求人サイトなどで見つけた仕事に応募すると、登録会社への登録をしてから仕事を紹介してもらうケースが多い。

「イベントスタッフ」ってどんな仕事?|タウンワークマガジン

イベントスタッフって調べると大概がコンサートやライブについての情報ばかりがでてくるが、実際はもっと多岐にわたる。

複数人で催し物が開催されていたり、街頭で物が配られていたりしたらそれはほとんどがイベント会社が行ってるものです。

メーカー、企業のみでそういったものを開催していることはほぼ100%なく、外注のイベント運営会社が運営していますね。

そのイベント会社から派遣会社を通してバイト情報サイトの求人が出ている。

これが王道のルートになっています。

稀にイベント会社が直接応募している場合もあります。こちらのほうが派遣会社を通していない分、バイト代がお得になる場合が多いですよ。

 

イベントスタッフの仕事内容は?

大きく分けて「運営スタッフ」、「設営スタッフ」この2つにわかれます。

イベントスタッフでネット検索した場合、目にする多くが設営スタッフについて書かれています。

設営スタッフというのはコンサートやライブ、展示会等の会場設営をするのが主な仕事。

そんな専門的なことできないよ?と思うかも知れませんが、実際は本職の土方の方達が主導になっていて、アルバイトは補助的な役割を担います。

会場規模にもよりますが10~100人等々、多数の設営スタッフと一緒になることが多い。

これがキツイ仕事なんですね・・・。

僕もやったことがありますが、本当にツライ仕事場です。

本職もそうですが、イベント会社が総じて高圧的。

きついと評判のコンサートの設営、警備の単発バイトの実態は?

こちらを参考にして頂ければと思います。

 

次は運営スタッフについて書いていきますね。

こちらの作業内容は本当に多岐にわたっているので、説明が難しいですね。

受付、警備、誘導、販売、進行、キャッチ、案内、集計作業、等々イベントやポジション毎に行う内容は様々です。

警備や誘導は単発バイトの場合ほぼマネキン状態になることが大半です。

同じ場所で立って人の流れを見てるだけ。

販売や進行、キャッチ、案内は比較的フレキシブルに動いてお客さんと接しながらおこなう仕事内容になります。

この中では販売が比較的キツイと言われるとこがありますね。

有名どころでいうと携帯販売等になります。

イベントというより携帯販売スタッフの延長上にあるので、販売業務が好きな方以外はオススメしません。

人によって向き不向きはあると思いますが、あまり動くのが好きじゃない人は誘導や警備。接客よりのことがしたい人はキャッチ等に回るといいんじゃないかなと思います。

 

楽しいイベント、楽なイベントバイトに入るには?

こういった案件は比較的派遣会社からまわってくることは少ないです。

イベント会社が抱えているスタッフで回してしまう為ですね。

そりゃ一例ですがCM撮影、フェス、TV局関係、ゲームショー、芸能人が出演するイベント等々は人気もかなり高くほとんどが求人にでません。

逆に上記のようなイベントの設営や警備、または携帯販売などはあまり人気がないので常に求人がでています。

単発で入ったきりで、もうやりたくないと思う人が結構多数。

なのでネット上にはイベントはキツイといった声が多いんですね。

これらの仕事は表向きはイベントと銘打って求人を出してますが、イベント業務でもなんでもないです。

ただの販売業務と設営業務です。

 

じゃあ楽しいイベントバイトには入れないのか?といった話になりますが、稀にイベント会社自体が募集をかけている場合や、自社スタッフだけで回しきれない場合に派遣会社に求人がおりてきます。

そこを狙って入りましょう。人気のあるバイトはすぐに埋まってしまう場合が大半なので求人を見かけたらすぐに応募するのが重要です。

東京は特に毎日のように多数のイベントが実施されてるので、比較的楽に見つけられると思います。

 

または、派遣会社を通して入った場合は頑張ってバイトに励みましょう!

するとイベント会社からお声がかかります。

大げさにいうとヘッドハンティングですね。

イベント会社も元気、やる気のあるスタッフを常に探しています。

しかし求人に出すと広告費等が発生してしまう為あまり求人は出しません。

そこで行うのが派遣会社スタッフの「勧誘」

「〇〇君、元気いいね~!良かったらこっちでバイト入ってよ。いっぱい仕事あるからさ~」とかなんとか色々あります。

その勧誘した優秀なスタッフから、さらに友達を紹介してもらいイベント会社はスタッフ確保しています。

ここに入れると日給や仕事内容もドンドン美味しくなっていきますよ。

 

単発でうまく仕事ができるわけないじゃないか!と思うかも知れません。

どうせ声をかけられるのなんて一握りでしょ?って思うかも知れません。

そんなことはない。イベント会社は星の数ほどあるし、会社的にも抱えているスタッフが多いことに越したことはないんです。

なので動きのいいスタッフや元気のあるスタッフがいれば、ほぼ確実に声をかけます。何回か参加して声がかからなければイベントは向いてないかもしれません。

っていうぐらいバンバン声をかけてきます。

別に仕事ができるできないは重要じゃなく、やる気や元気の問題

仕事は今後ゆっくり教えれば誰でもできます。

イベント会社はそこを見てますよ。

 

給料はいいの?稼げるの?

一般的な時給よりは高額な場合が大半です。

日給にすると最低10000円~といった求人が主体となってますね。

ここに交通費や昼食代を別途普段してくれる、または含んでいる場合もあります。

1日バイトをして10000円貰えるなら稼ぎはいいほうだと思います。

現場経験が豊富なら日給15000円~20000円とかで求人も貰えますよ。

 

単発、日雇いバイトってすぐお金が稼げる?大変なの?

こちらの記事でも書きましたが、低賃金の求人よりもなるべく高賃金もバイトを選びましょう!

あたりまえじゃん??と思うかもしれませんが色々重要です。

派遣会社も受注先が高額なところには、よいスタッフを入れます。

低賃金でスタッフを依頼してくる会社にはどうでもいいスタッフをあてがいます。

なので高単価な仕事は楽な場合が多く、依頼してる先の会社も良いことが多いです。

うまくいけば上記に示した勧誘もうけれるかもしれません。

 

女性は働けるの?

女性の活躍の場はある意味男性スタッフよりも多いです。

イベントを発注する企業としても女性スタッフを活用してほしいといったオファーを絶対にするんですよ。

展示会の受付、商品PR、キャッチ活動等々、女性であるほうが好ましいような業務が数多くあります。

なので男性スタッフよりも比較的かなり楽なポジションで仕事ができ、給料は男性スタッフと同じかそれ以上の場合が多いので非常にオススメです。

 

キャンペーンスタッフ募集中、女性コンパニオン募集と銘打って求人広告を出してることが多いのですが、気を付けたほうがいいのはそこで携帯販売のスッタフを募集していることが数多くあります。

その仕事をしたいのであれば問題ないですが、個人的にはあまりオススメしません。

イベントスタッフとしての仕事ではないですからね。

実際応募してみないとわからない部分も多いので、求人を見かけたらとりあえず応募してみて確認したほうがいいです。

 

女性におすすめ派遣・日雇いの短期バイト!高収入で稼げるイベントコンパニオン

女性向けにはこちらに詳しく書いてますので、よかったらご参考ください。

 

 

いい会社と悪い会社の見分け方

個人的にスタッフのことを「バイト」「バイト君」を呼ぶ会社はオススメしません。

オススメする会社はしっかりと「〇〇君」と呼ぶ所です。

これだけで大体はわかると思います。

特に設営、警備、誘導の現場では「バイト君」って呼ばれることが大半だと思います。経験者はよくわかるんじゃないでしょうか?

 

しっかりと名前で呼んでくれる会社を選びましょう。

これは本当に大事!

 

まとめ

イベントスタッフの単発、日雇いバイトってキツイ?稼げる?についての記事でした。

長々と書きましたが、ちょっとはイベント業界について伝わっていればいいなと思います。実際のイベントスタッフというのは結構楽しくて、かなり稼げるバイトですからね。

 

ニート状態のフリーランスが日雇い、単発バイトのおすすめサイトを紹介するよ

こちらの記事におすすめの求人サイトをまとめてるので参考にどうぞ。

 

個人的におすすめしたいアルバイトサイトは「アルバイトEX」です。

このサイトのいいところは豊富な求人量は勿論のこと。

お祝い金が貰える制度も充実しています。

アルバイトEX」のサイト内で「イベントスタッフ」という単語で検索してみてください。数多くのイベントバイトが出てきます。

サンプリング、コンサート、フェス、試験監督、TVショーのサクラ役等々、色々でてきますが求人の中にはアルバイトを応募して働くだけで、日給以外にお祝い金が貰える求人も多数あります。

しかもお祝い金のMAX金額は4万円と滅茶苦茶お得なんですよね。

単発バイトを探すのであれば、ぜひ一度「アルバイトEX」はチェッしておきましょう。

あと、人気の単発バイトはすぐに求人が埋まってしまうので、気になる求人を見つけたらとりあえず応募しておいたほうが無難です。

 

イベントや単発バイトを探す際は、求人誌で探してもあまり良い案件がなかったりします。

いい求人を見つけてバイト君と呼ばれない楽しいイベントバイトをしましょう~。

 

以上、イベントスタッフの単発、日雇いバイトってキツイ?稼げる?についての記事でした。