読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tanyの殴り書き

29歳自由人が殴り書きします

 

ひよこ饅頭の発祥は福岡!九州限定 ひよ子のピナンシェを食べてみた

お土産 スイーツ・スナック スイーツ・スナック-菓子
このエントリーをはてなブックマークに追加    
 
  
follow us in feedly

f:id:tany1986:20150529121130j:plain

ども~、タニーです。

今回は九州の銘菓ひよ子本舗吉野堂「ひよ子のピナンシェ」を食べてみたよ。

九州限定のお土産となっておりますね。

ひよ子本舗吉野堂といえば「ひよこ饅頭」で有名なお店。

あれ?ひよこ饅頭って東京銘菓じゃないの?って思う人が多いかも知れません。

東京駅にいけばひよこ饅頭、サブレ、ゼリー等々、様々なひよこ銘菓があります。

実はね、ひよこは福岡が発祥なんですよ!と関西人が言ってみるっていうね。

 

ひよ子のピナンシェ

かわいいひよ子が、ふっくらフィナンシェになりました。 ほどよい甘さとミルク風味のやさしい味わいで、幅広い年代の方に人気です。

九州限定「ひよ子のピィナンシェ」〜ひよ子オンラインショップ

f:id:tany1986:20150529121138j:plain

ひよこ饅頭のひよこがフィナンシェになってしまったよ。

ちなみにひよこの歴史はこんな感じ。

三代目の石坂博和のときには、昭和32年の酉年に福岡市に出店、一等地である新天町(現・天神2丁目)に店を構えました。
ひよ子は博多でも人気を博し、九州名物と言われるまでに成長しました。さらに日本一の菓子屋を夢見た博和は、昭和39年、東京オリンピックを契機に東京へと目を向けました。東京ひよ子の誕生です。 昭和41年東京駅八重州地下街に東京1号店を出店、やがて東北新幹線開通とともに“東京土産”としても愛されるようになりました。

名菓ひよ子 | ひよ子本舗吉野堂

正直少し前までは完全に東京のもんだと思ってましたね!

 

f:id:tany1986:20150529121143j:plain

洋風感がましたひよこちゃん。

 

f:id:tany1986:20150529121148j:plain

九州限定のアピールが半端ねぇっす!

 

f:id:tany1986:20150529121152j:plain

あぁ~ひよこちゃんがピナンシェになってるぅう~~!!!

かわええええええ~~~!!!!

 

感想

しっとりとしたフィナンシェでバターの香りがすっごいするよ。

中身はふんわりしていて、ちょうどよい甘味が口の中に広がります。

ミルクのやさしい甘みが特徴でクドい味付けじゃないからドンドン食べれちゃうよ。

しっとりなめらかほどよい甘み。これは万人にウケるお菓子ですわ。

 

まとめ

ひよ子本舗吉野堂 ひよ子のピナンシェ

6個入り 540円(税込) 106kcal(1個当り)

 

完全に洋菓子になったひよこちゃん。

個人的にはすっごい好きな味だったよ。

みなさんもぜひ本場福岡のひよこを買ってあげてね~。

 

関連記事