読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tanyの殴り書き

29歳自由人が殴り書きします

 

派遣で初バイト!単発・日雇い等の短期バイトする際の注意点

バイト・副業 バイト・副業-単発・日雇いバイト
このエントリーをはてなブックマークに追加    
 
  
follow us in feedly

f:id:tany1986:20150903234921j:plain

派遣会社でバイトをしている人って最近では結構多いと思うんですよね。

しかし、まだまだ派遣のバイトがどういったものか知らない方も多いかと思います。

派遣の仕事には年単位の長期で行う仕事もあれば、1日で終わる短期での仕事もあり、雇用形態も様々です。

今回は初めて派遣バイトをする方向けに、長期案件よりは単発より仕事で注意するべきことについて書いていこうと思います。長期案件でも使える話だとは思いますよ~。

  

なぜ普通のバイトではなく派遣の短期バイトをするのか?

まず派遣のバイトをしている人たちがなぜ派遣を選んでいるのか?といったところをご紹介していきます。

  • シフトの融通が利く
  • 働きたいときに働ける
  • 日払いや週払い等比較的すぐにお金が手に入る場合が多い
  • 普通のバイトよりも給料が高い場合がある

等々人によって様々だと思いますが、だいだいこんな感じだと思います。

なのでほとんどの学生やフリーターは常勤のバイトをしつつ、副収入というかサブバイトとして短期の派遣バイトを使っている方が大半です。

またフリーランスや個人事業主、主婦の方々は休日や空いてる時間の融通が利きやすいといった理由で登録されてる方々も結構いらっしゃいます。

働きたいときに働ける!この気軽さが派遣の一番の魅力だと思います。

 

派遣バイトをはじめるには?

まずは求人サイト等で応募し、派遣会社に登録するところから始まります。

普通のバイトでいうところの面接みたいなものですね。

日雇い、単発バイトの中にはこういった登録制度がなく、給料がその場で手渡しでもらえるといった場合もありますが、派遣会社でバイトを行う際は「登録」があるのが通常です。

 

面接みたいなものと言いましたがそんなかしこまったものではなくて、短期バイトを中心に取り扱っている派遣会社の登録会は複数人で同時に行う場合が多いです。

派遣会社としてはなるべく多くのスタッフを確保しておきたいので、1対1での面接をずっとやってる暇がないといったのが正直な所です。

派遣会社として致命的なのが、人数の欠員を出してしまうということなのでスタッフは多いにこしたことはないですからね。

なので複数人で派遣会社が用意する履歴書のような物に記入し、簡単な仕事をするまでの流れを説明されて終了といったことが多いですね。

その際に必要な書類が、本人確認書類、口座情報が分かるもの、印鑑等になってきます。これは登録会に行く際にメールなので、持ち物として記載されてる場合がありますが派遣会社によってはそういったメールがない場合もあるので、なるべく持ち歩くようにしておいたほうが無難だと思います。

 

服装などは正直なんでもいいです。常識の範囲内で余りにもみすぼらしい恰好でなければ全く問題ないですね。

よくネットではスーツでビシっと決めるべき、フォーマルな格好で行くべきだといった情報が多いですが、そんなことは誰も気にしてないし覚えてもないってのが現実ですね。

派遣会社を経営している知人や、派遣会社の社員の友人が数多くいますがそういったことを意識しているするよりはもっと大事にしてほしいと思ってることが多々あります。それは下記に記載してますのでご確認ください。

 

逆に長期の派遣の仕事、どこかの企業に長期で仕事に従事する場合や、コールセンター、携帯電話の販売等の長期で働くことになる派遣バイトでは1対1での面接形式の登録が多く、服装もスーツ等でビシっと決めたほうが印象はかなりいいです。

会社としては企業に長期で人材を派遣するのだからなるべく、面接時に色々探る必要がありますからね。

 

派遣会社に登録したらするべきことは?

派遣会社に登録すると次々と〇月〇〇日に仕事がありますといったメールが来ます。

そこには勤務時間、交通費の有無、給料等々の情報が記載されているので気に入った案件があれはドンドン仕事に参加していきましょう。

 

あれ?思ってたような仕事がないなぁ・・・なんかやりたい仕事がないなぁ・・・って思う人もいるかもしれません。

そういった方はドンドン違う派遣に登録にいったり、求人サイトで別の仕事を探しましょう!

派遣会社には各社ある程度同じような仕事しかまわってきません。

なぜなら取引先の会社が決まっているのだから、そりゃ似たような仕事しかこないのが普通です。

イベント系派遣会社でも、警備・誘導、運営、ステージ進行、行政系の仕事、等々派遣会社によって受注する仕事はある程度決まってきます。

もちろん携帯販売、コスメ販売、コールセンター、事務作業、これらも派遣会社ごとにある程度特化しているから会社も派遣会社にお願いするわけです。

 

なので、派遣会社はなるべく多くの会社に登録するべきです。

各会社の色がありますし、規模が大きい仕事では同じ案件でも会社によっては単価が違ってきたりします。

そこらへんをよく吟味したほうが効率よくお金を稼ぐことができますよ。

そしてある程度仕事をこなし自分が納得できる会社を見つけたら、複数の派遣会社から仕事を受ける先を絞りましょう。

理由としては、同じ会社から仕事を受けているほうが仕事の単価が上がりやすいからです。派遣会社からも信頼されてきますし、単発の仕事をしているだけでも会社からはすごく重宝される存在になってきますよ。

 

f:id:tany1986:20150903234947j:plain

会社、現場で気を付けるべきことは?

さて、今からは実際に派遣された先で注意するべきことをご紹介しますね。

 

まず、第一に「あいさつすること」これがなによりも大事です。

なにを当たり前のことを?と思う方も多いかもしれません。

しかし、これが出来ない方が大半なのが事実です。

たとえばイベント会場での仕事の場合、実際に現場にいくと自分に関わる上司に当たる方(ディレクター)は1人~3人程度に留まります。

ディレクターに自分から挨拶できる人は10人いたら半数以上はいるでしょう。

しかし、自分に関わる上司以外の方に挨拶する方は1人か2人程度だと思います。

イベント会場には様々な企業の方々や会場担当者等々多くの関係者が存在します。

その方々にすれ違う時、挨拶をしっかりしているでしょうか?

ほとんどの方が挨拶をしていないですね。

これをしっかりとしているかをディレクターは見ていたりします。

すごく基本的なことですが、関係者にはしっかりと挨拶するように心がけましょう。

 

次に、ペンやメモ帳は基本的に絶対に持ち歩きましょう。

これを持ってきてない人間は正直やる気があるのか?と思われても仕方がありません。

いくら簡単な仕事とはいえ、急な対応をお願いされる場合もあるでしょう。

そういったことをしっかりとメモをとって対応出来ているかどうかが重要です。

簡単な仕事ならメモを取る必要なんてないかもしれません。

しかし、ペンとメモを用意している姿勢がなによりも評価の対象に繋がりますよ。

使わなくても持っておく!これが一番大事!

 

最後に、わからないことはしっかりと再度確認しましょう。

なにか指示をされた場合、その内容をよく理解しないまま「はい」と答え、実際は全然仕事ができてなかったという場合がよくあります。

そういった時担当者はなにを聞いていたんだ?と落胆してしまいます。

先ほどのメモの話に戻りますが、「メモをとってたのか?」とも詰められるます。

なぜか指示を一回で聞き取れず、聞き返すことを怒られると思ってる方が多いです。

そんなことで怒る方はあんまりいません。

職人気質な方には偶にいるかもしれませんが・・・。

そんなことでたとえ怒られたとしても、理解しないまま作業を進めて無駄な時間を過ごすほうがよっぽど印象が悪いです。

しっかりと理解できなかった指示はもう一度確認するようにしましょう!

 

まとめ

上記のことが全部出来ている人というのは、意外に少ないです。

これをできるだけで担当者からの印象は相当よくなりますよ。

現場担当者から派遣会社にもしっかりと〇〇君、〇〇さんは良かった、悪かったという情報は伝えられることが多いです。

しっかりと意識してドンドン良いお仕事を紹介してもらえるようになりましょう。

ニート状態のフリーランスが日雇い、単発バイトのおすすめサイトを紹介するよ

こちらの記事で日雇いや、単発バイトを探しやすい求人サイトを紹介しています。

よかったらご参考ください。

 

以上、派遣で初バイト!単発・日雇い等の短期バイトする際の注意点についての記事でした。