読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tanyの殴り書き

29歳自由人が殴り書きします

 

日本第一号!リッツカールトン大阪のクラブデラックスルームに泊まってみた

大阪 旅行
このエントリーをはてなブックマークに追加    
 
  
follow us in feedly

f:id:tany1986:20160719170515j:plain

まだまだ暑い日が続いてますがこんな日はホテルでゆっくり宿泊したいもんです。

ってことで大阪の老舗高級ホテル「リッツカールトン大阪」のクラブフロアに泊まってきましたよ~。

リッツカールトン大阪って梅田の主要場所からちょっと離れた場所にあるので不便なんですよね。

そういう理由もあって、宿泊することを躊躇していましたがやっぱりリッツカールトンには泊まっておこうかな~って思ったので行ってきました。

ってことで早速紹介していこうと思ういますね。

 

ザ・リッツ・カールトン大阪

大阪は北の中心、梅田に位置し、大阪駅から徒歩5分の便利なロケーションを誇るザ・リッツ・カールトン大阪は、ホテル王セザール・リッツのサービス哲学を受け継ぐ国際的ホテルグループ、リッツ・カールトンの日本第一号として1997年5月に開業しました。

ザ・リッツ・カールトン大阪[一休.com]

 

f:id:tany1986:20160719170521j:plain

日本のリッツカールトン第一号店としてオープンしたリッツカールトン大阪は開業してから約20年ほどたちます。

第一号としてオープンしただけあって、装飾にかなりこだわったホテルとなっています。

 

f:id:tany1986:20160719170532j:plain

ロビーは滅茶苦茶エレガント、装飾はかなりしっかりしていますね。

落ち着いた空間が演出されています。

 

f:id:tany1986:20160719170542j:plain

ロビーも華やかでだだっ広いですね~。

こちらで受付を行います。

クラブフロアに宿泊する場合は上のクラブラウンジで受付できますが、今回はラウンジが混雑しているとのことで、1階で受付をすませました。

 

f:id:tany1986:20160719170559j:plain

エレベーターホールもエレガント。

大人の上質な空間が演出されています。

 

f:id:tany1986:20160719170625j:plain

クラブフロアに立ち入る際は、専用のキーをエレベーターに差し込む必要があります。

ということで、クラブフロアの宿泊者以外はフロアに立ち入ることができません。

 

f:id:tany1986:20160719170639j:plain

35階の客室前エレベーターホールです。

ロビー階とは違い、白を基調とした落ち着いた空間になっていますね。

 

f:id:tany1986:20160719170651j:plain

フワフワの絨毯がしかれた通路を奥に進んでいきます。

 

f:id:tany1986:20160719170701j:plain

こちらがクラブデラックスルームの入り口になります。

いい感じの角部屋ですね。

 

クラブデラックスダブル (51.5平米)
コーナーに位置するデラックスルームからは、大阪市街を見渡すパノラマの眺望をお楽しみいただけます。イタリア産大理石を使用したバスルーム、ダブルシンクの洗面台やテリー織りのバスローブなど、贅沢な標準仕様で統一しました。51平米を超すゆったりとした空間で、特別なご滞在をご体験ください。

ザ・リッツ・カールトン大阪 - 客室情報 [一休.com]

f:id:tany1986:20160719170708j:plain

約51平米の角部屋は広々としたお部屋です。

 

f:id:tany1986:20160719170718j:plain

入り口すぐ手前にはクローゼットがあります。

そこまで広くはありませんが、それなりの量は収納できるようになっています。

 

f:id:tany1986:20160719170724j:plain

アンティークな化粧台。

 

f:id:tany1986:20160719170845j:plain

化粧台の後ろはドリンクバーになっています。

コーヒー、紅茶、お茶は無料でいただけます。

 

f:id:tany1986:20160719170848j:plain

f:id:tany1986:20160719170852j:plain

ミニバーは有料ですねぇ。

 

f:id:tany1986:20160719170731j:plain

続いて、風呂場のご案内です。

正面に洗面台、両端に、独立したトイレ、シャワーブース、お風呂がついています。

 

f:id:tany1986:20160719170744j:plain

シャワーブースはこんな感じですね。

いたってシンプルなシャワーです。

レインシャワーやボディシャワーはついていません。

 

f:id:tany1986:20160719170749j:plain

トイレは大理石の床できれいですが、広さはちょっと狭めな印象ですね。

 

f:id:tany1986:20160719170755j:plain

洗面台はダブルシンクで二人で使用できるようになっています。

アメニティなどはいたってシンプルでリッツカールトンのオリジナル商品です。

 

f:id:tany1986:20160719170759j:plain

めちゃくちゃシンプルなので、女性の方はちょっと注意したほうがいいですね。

諸々持ち込んだほうが無難かと思います。

 

f:id:tany1986:20160719170804j:plain

バスタブもシンプルなつくりですね。

一人でゆったりくつろげるサイズになっています。

 

f:id:tany1986:20160719170911j:plain

さてさて、ここからはお待ちかねのお部屋の紹介になります。

アンティークな小物がおかれたコロニアル調な雰囲気のお部屋。

 

f:id:tany1986:20160719170923j:plain

角部屋からは大阪の眺望が楽しめるようになっています。

 

f:id:tany1986:20160719170934j:plain

部屋のデザインは統一感があって、落ち着ける空間になっています。

 

f:id:tany1986:20160719170939j:plain

幅183cm × 長さ205cm × 高さ65cmのキングサイズベット。

 

f:id:tany1986:20160719170957j:plain

ベット横の時計もアンティークな感じ。

こういう細かなところにも拘りがあるのは良いポイントですね。

 

f:id:tany1986:20160719170943j:plain

大きなタンスを開けると、中からはテレビが出てきます。

テレビは部屋のデザインからすると浮いてしまうので、これも拘ってるポイントなのかなと思いましたね。

 

f:id:tany1986:20160719171007j:plain

部屋からは新梅田シティ、スカイビル、淀川を一望できます。

日差しもいい感じに差し込んでくるので、ほっこり出来ますよ。

 

f:id:tany1986:20160719171027j:plain

さてさて、部屋で待機してるとクラブフロアの席が空いたという連絡が入ったので向かいたいと思います。

リッツカールトン最大のウリといえば、クラブフロアの軽食サービスです。

1日5回のフード、ドリンクサービスは他の高級ホテルと比べても回数がとても多いんですよ。

ってことで、さっそくアフタヌーンティーをいただきに行きましょう。

 

クラブラウンジ

よりパーソナルなおもてなしを提供する特別フロアとして「ホテルの中のホテル」と呼ばれるクラブフロアは、専用の鍵のみでアクセスできるプライベートな空間です。
34階の広々としたクラブラウンジには、チェックイン、チェックアウトもできるレセプションデスクがあり、専任のコンシェルジュがきめの細かい対応をいたします。
36・37階のスイートルームもクラブスイートと同様にクラブラウンジをご利用いただけます。

[一休.com]ザ・リッツ・カールトン大阪 特別客室階 ザ・リッツ・カールトン クラブ

f:id:tany1986:20160719171043j:plain

リッツカールトンのクラブフロアは面積が滅茶苦茶広いですね~。

入って最初の場所には、受付とチョコやビスケット等のお菓子がおかれています。

 

f:id:tany1986:20160719171249j:plain

一番奥にはアルコールが常備されていて、いつでもオーダーすればいただけます。

 

f:id:tany1986:20160719171317j:plain

逆サイドにもかなりの席数を用意されていて、くつろげるようになっています。

 

f:id:tany1986:20160719171336j:plain

一番奥の窓際の席に案内していただきました。

アフタヌーンティは見た目にも豪華。

ただ、ちょっとパンものが多いかな?って印象です。

あとオーダーしてから出てくるまでに滅茶苦茶時間がかかります。

 

f:id:tany1986:20160719171343j:plain

部屋とは逆サイドの眺望が楽しめます。

 

f:id:tany1986:20160719171356j:plain

アルコールの他にも炭酸飲料や、コーヒー、紅茶が飲めるようになってます。

食べ物だけじゃなくて、飲み物もオーダーしてからでてくるまで時間がかかるので、自分で用意できるものは自分で用意したほうがはやくていいですよ。

 

f:id:tany1986:20160719171418j:plain

ちなみにアルコールも自分で入れれるので、詳しい人は自作がオススメ。

 

17:00~19:30 / ご夕食前のオードブル

f:id:tany1986:20160719171428j:plain

アフタヌーンティーが終わった後は、オードブルが出てきます。

種類がたくさん用意されていて、色々なメニューが楽しめます。

 

f:id:tany1986:20160719171434j:plain

肉、魚、炭水化物、サラダ、チーズなんでもござれです。

リッツカールトンの有名なタマネギスープもありますよ。

満腹になったので、部屋でちょっとゆっくりしたいと思います。

 

f:id:tany1986:20160719171455j:plain

大阪の夜景ってなにげに綺麗だと思うんですよね~。

 

20:00~22:00 / ナイトキャップ(スイーツ)

f:id:tany1986:20160719171519j:plain

20時からはスイーツタイムです。

アフタヌーンティー、オードブルと中々におなか一杯ですが、スイーツは別腹です!

 

f:id:tany1986:20160719171525j:plain

こちらも様々な種類のスイーツが用意されています。主に洋菓子ですね。

 

f:id:tany1986:20160719171539j:plain

ピーナッツや、おかき、オリーブ等のお酒がすすむ物もしっかりと用意されています。

僕はおかきと、ピーナッツをアテにひたすらハイボールを飲んでました。

 

f:id:tany1986:20160719171546j:plain

クラブフロアで阪神高速で走る車を見ながら飲むお酒は美味いもんですねぇ。

 

7:00~10:00 / ご朝食

f:id:tany1986:20160719171602j:plain

ぐっすりと寝た翌朝は7時からクラブフロアで朝食をいただけます。

豊富なパンと乳製品。

 

f:id:tany1986:20160719171608j:plain

サラダ、フルーツ、ハム、チーズ等々。

 

f:id:tany1986:20160719171616j:plain

洋食だけではなく、和食もしっかりと用意されていますよ。

 

f:id:tany1986:20160719171623j:plain

フライ物や、スープ類ですね。

他にもオーダー形式で卵料理が頼めます。

オムレツや目玉焼き、ポーチドエッグ等ですね。

僕たちもお願いしましたが、結局忘れ去られていて出てきませんでしたw

 

11:00~14:00 / お昼のご軽食

f:id:tany1986:20160719171629j:plain

最後チェックアウトの際には、昼の軽食が用意されています。

これで計5回のフードサービスは終了ですね。

チェックアウト後もしばらくはクラブフロアで滞在しても問題ないので、ゆっくりと最後のサービスを楽しむことができます。

 

f:id:tany1986:20160719171638j:plain

本当に普通の食事ぐらいに用意されています。

 

f:id:tany1986:20160719171645j:plain

スイーツもしっかりと準備されています。

 

まとめ

リッツカールトン大阪の宿泊はこんな感じです。

プールやジムもありますが、今回は疲れていたのでスルーしました。

エレガントな雰囲気はすごくいいんですが、ちょっとサービス面はどうかな~と思ってしまう場面が多々ありました。

フード、ドリンクが出てくるのが遅い。2回ほどオーダーを忘れられていた。

常連にはやたらと挨拶をしている。(シェフまで出てきてました。それならちゃんとオーダーを通してほしい。)

ちょっとリッツカールトンということで過剰に期待していた部分はあったかもしれませんが・・・・ってな感じですね。

老舗ホテルのアンティークな雰囲気が好きな方にはオススメできるんじゃないでしょうか?

 

ホテル情報

  • ホテル名:ザ・リッツ・カールトン大阪

  • 住所:〒530-0001  大阪府大阪市北区梅田2丁目5番25号

  • アクセス:

電車で
阪神「梅田駅」西出口より 徒歩5分
地下鉄四ツ橋線「西梅田駅」北改札口より 徒歩5分
JR「大阪駅」桜橋出口より 徒歩7分
JR「北新地駅」西改札口より 徒歩7分
地下鉄御堂筋線「梅田駅」南改札口より 徒歩10分
地下鉄谷町線「東梅田駅」北西改札口より 徒歩12分
阪急「梅田駅」中央改札口より 徒歩15分

お車で
関西国際空港より45分、伊丹空港より25分、新大阪駅より15分

  • 電話番号:06-6343-7000 

  • ペット不可

  • お子様のご利用不可:ご利用いただけます。

  • 駐車場:2100円(1泊あたり)、駐車時間: 15:00~翌15:00迄

  • ネット環境:全室wi-fi完備(無料)

  • フィットネスジム:有り(6:00~22:00)

  • プール:有り(6:00~22:00)

  • 大浴場:有り

  • 露天風呂:なし

  • 価格:約35000円~

  • 予約サイト:一休で予約

 

以上、日本第一号!リッツカールトン大阪のクラブデラックスルームに泊まってみたについての記事でした。

 

関連記事