読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tanyの殴り書き

29歳自由人が殴り書きします

 

正社員になるなら20代の内に就職したほうが良いとつくづく思った体験談

バイト・副業 バイト・副業-就職
このエントリーをはてなブックマークに追加    
 
  
follow us in feedly

f:id:tany1986:20160607222632j:plain

正社員になりたい方は30歳までに就職したほうが絶対に良いです。

僕人身が職歴なしで29歳の時に初めて正社員として就職させていただけたのですが、30歳になった今、これほど世間からの見られ方や、評価が違うものかと痛感しています。

29歳と30歳というのは若いうちに思っていた以上の、分け隔てがあります。

今、フリーターやニートで正社員になろうかなと少しでも思っている方が、参考になればと思います。

 

理由①20代と30代では全くと言っていいほど印象が違う

f:id:tany1986:20160607222647j:plain

20代前半の方とかであれば、20代と30歳でもそんなに変わらないでしょ?と思っている方々が多いと思います。

しかし、それは大きな間違いで世間一般の評価として29歳と30歳では大きな隔たりがあります。

自分でも30歳が近づくにつれて、徐々に実感してきてしまう部分です。

20代はある程度フラフラ自由に行動しても「若いから」という理由で許されることが多いですが、30歳ともなると急に意見が変わります。

  • もう20代じゃないんだから
  • もう30歳でしょ?いい加減に落ち着かないと
  • 30歳なのにまだ結婚してないの?
  • 30歳にもなって正社員で働いたことないの?

等の様々な耳の痛い言葉を聞くことになります。

実際、僕は29歳で初めて就職しましたが、20代の間は親戚や友人、親からもそこまで正社員で働くという話や、結婚、等の一般的なレールに乗れという話はなかったです。

しかし、29歳から30歳になるときにはちょくちょく言われ始め、30歳になった今では正社員になったにも関わらず、30歳にもなったんだからしないとねなんてことを言われるようになりました。

結構良い条件で就職しているはずなのに、なんでそこまで言われないといけないのか?と内心思ってしまいますが、そこはやはり30代という年齢がそういう印象付けるというところでしょうか。

勿論、身内や友人だけではありません。

会社からも同様の意見を持たれるのは容易に想像できます。

身内からでも良い印象を持たれないというのに、他人、むしろ人を見て採用する会社が好印象を持つはずがないですよね?

世知辛い話ですが、実際の所29歳と30歳以上には大きな印象の差があります。

 

理由②求人の年齢制限が29歳までというものが多い

f:id:tany1986:20160607222701j:plain

その年齢が29歳がリミットである場合が非常に多いです。

特に未経験でも大丈夫といった求人であれば、特に29歳がリミットが大半です。

キャリアがあって転職する場合や、資格が必要な特別な仕事ではないかぎり社会人経験がない人材を雇用しようと思うと会社側でも年齢制限を設けないと人材の育成ができません。

就職活動をしている側にも色々ひけない理由があるとは思いますが、企業側のほうがさらにたくさんの譲れないボーダーラインというものがあります。

会社を経営していくうえで、人材は非常に大事です。

しかも人事担当は、採用した人間から自分の評価が決まってきたりするわけです。

そこで、年齢制限ももうけず未経験の人間を採用するような冒険はなかなかできません。

はやり社会人や正社員未経験で30歳を超えてしまっていては、社会や会社からの見られ方は必然的に悪くなってしまいます。

面接にこぎつけるまでのボーダーラインの時点で足切りされる、というかそもそも参加資格さえもらえない状況なんですよね。

29歳と30歳でなにが変わるんだ!?と思う方も多いかもしれませんが現実は厳しいです。

自分が対象からもれないようにするのも就職をする上では非常に大事です。

就職先の選択肢を広げたいのであれば、絶対に30歳までの就職をおすすめします。

 

理由③入社してからの見られ方、居心地が違うのも大きなポイント

f:id:tany1986:20160607222712j:plain

30歳を超えると入社までのハードルが上がってしまうのは勿論ですが、入社してからの環境にも年齢は関係してきます。

若いから許されることってのは意外を多いもんなんですよ。

20代前半だから許されること、20代後半までならなんとか許されること、ビジネスマナーや会社での常識なんてのは年齢や、経験で判断されることが多いです。

大企業であれば、30歳からでも新入社員研修をしっかり受けれる環境にある場合が多いですが、中小企業やベンチャー企業では中々そのような制度がしっかりとしているところはありません。

30歳職歴なしでいきなり大企業に入社するというのは現実的ではありませんし、中小企業やベンチャー企業に入社する確率は高いと思います。

その際に、そんなことも知らないの?なんて指摘を受けてしまうのは自分自身的にも辛いところが多々あるかと思います。

実際僕の友人でずっとバックパッカーをしていた自由人が、30歳を迎え最近就職したのですが職場での仕事に対しての常識が通じなさ過ぎて辛い部分があるといってました。

まぁ、自分がいままで好き勝手やってきたのだから仕方ないと思ってはいるみたいですが、もうちょっと知識を入れておくべきだったとちょっとした後悔があるようです。

 

僕自身としても社内に部下がおり、正社員、派遣社員の両方がいます。

若い部下であれば、知らないことが多くても「まぁ若いから仕方ないよね。次からは失敗しない様に覚えようね。」ってなスタンスで接しやすいです。

しかし、30歳を超えてともなると話は別です。

というか自分よりも年上でなにも知らなかったりすると結構なストレスを感じてしまします。まぁ、怒りとかのストレスというよりは絶望のストレスのほうが大きいです。

僕自身29歳までフラフラしていたのに、それ以上になにもしてこなかったのかな?って思ってしまいます。まぁ、やる気があったり変わる気があったりすれば真摯に対応しようと思いますが、大概はやる気のない方が大半です。

だから大事な仕事も頼まないし、しょうもない雑用ばかり押し付けてしまいます。

そらその人自身のスキルも全く上がらないですよね。

僕が悪いのかな?とも思ってた時期がありましたが、こちとら仕事なんですよ。

効率よく、業務を遂行するには適材適所で働いてもらわないといけません。

雑務を押し付けられるのはある意味仕方ないことだと思っていたほうが良いです。

 

30代中盤以降の方で圧倒的にスキルや、知識がなかったりすると少し残念な気持ちになってしまうんですよね。

やはり、職歴なしで社会人経験もあまりないのであればなるべく若いうちに一度でも就職しておくことがオススメされます。

 

理由④同年代との格差が広がり始める年齢、役職問題等

f:id:tany1986:20160607222946j:plain

30歳を超えてくるとサラリーマンとして同年代との格差が如実に表れてきます。

20代の内であれば、まだまだ格差は少なくそこまで他人と比較しても遜色ない給料で就職できる可能性が大いにあります。

しかし、30歳を超えてくるとまわりの同年代はそこそこいい感じに昇給し、役職も付き始めたりする頃です。

そんな中で社会人経験なしで新入社員として入社すると、格差がかなり広がってしまっている状況です。

僕自身29歳で就職しましたが、高校時代の友人なんかはいい感じに出世していました。

そんな中、同世代と引けを取らないために頑張って就職活動し、29歳の内に年収500万で就職することができました。

さらに、まだ1年たっていませんが役職を貰える立場になりました。

それもこれも同年代との格差をなくすために頑張ったことです。

どうせ就職するのなら、短い期間で周りに追いついてやろうと努力はしました。

しかし、これが30歳を超えてからとなるとかなり厳しい現状がまっていたのではないかとひしひしと感じます。

同年代との格差をなくす、さらには同年代の平均よりも上に立つにはなるべく20代の内に就職するべきでしょう。

 

まとめ

f:id:tany1986:20160607222933j:plain

現在の会社でも30歳を超えて入社してくる人はほとんどいません。

中途採用でも25歳~28歳ぐらいまでが大半なんですよね。

29歳の僕を採用してくれた今の会社でも正直30歳を超えた人材は条件として当てはまらない場合が大半です。

30歳以上、職歴なしでも就職はできます。

しかし、職種や入れる会社の選択範囲が狭まるのは明らかです。

自分の将来の選択肢を広げるためにも、なるべく早い段階での就職をおすすすめします。

自分で色々な経験を積むのも勿論素晴らしいことだとは思いますが、会社に入って必要なスキルは会社に属していないと身につかないことが大半です。

僕自身29歳まで、その部分をサボっていたせいで今苦労してる部分も多々あります。

その分、色々努力もしているんじゃないかなとは自分的には思います。

自分自身を楽にさせるためにも僕自身の経験からも、若いうちに社会人経験を済ますためにも、まずはいったん会社に正社員として入社することをおすすめします。

正社員経験があって、正社員はダメだと思いフリーターやニート、フリーランスで活動しているのであればいいと思います。

しかし、社会人経験がなくその発想をもってしまっているのは非常に危険だし、勿体ないと感じます。

実際に自分で体験するというのは非常に大事。

経験は若いうちにすると、より一層自分の糧になると痛感します。

年齢を重ねると自分の固定概念が色々邪魔してきますからね。

自分自身の将来を楽にさせるためにも、なるべく早いうちに就職したほうが良いことは29歳で初めて正社員になった時に痛感しました。

 

以上、正社員になるなら20代の内に就職したほうが良いとつくづく思った体験談についての記事でした。