読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tanyの殴り書き

29歳自由人が殴り書きします

 

きついと評判のコンサートの設営、警備の単発バイトの実態は?

バイト・副業 バイト・副業-単発・日雇いバイト
このエントリーをはてなブックマークに追加    
 
  
follow us in feedly

f:id:tany1986:20150611162105j:plain

日雇い、単発バイトといえば交通量調査、試験監督等々人気の高いバイトがあります。

そういったものは滅多に求人を見つけることができないんですよね。

差し迫ったお金が欲しくて日雇いバイトをするのに、求人がなければ意味がない。

逆に常に求人が出ているといっても過言じゃないのがコンサートやライブの設営・撤去、工場内等での軽作業系ですね。

どちらも結構ツライ、きつい、割に合わない、二度としない等々かなり厳しいバイトなんじゃないか?と評判。

実際僕はとあるグループのドームツアーに技術系仕事の補助として参加したことがあります。

そこでは様々な設営、警備バイトの裏側が見えてくるわけです。

今回は肉体作業系日雇いバイトの実態に迫っていこうと思います。

 

なにがキツイの?仕事内容は?

コンサート設営のなにがキツイか。

もちろん体力的な物もそうですが、精神的にキツイ部分が多いです。

大きな現場であればゼッケンが配られて、番号で呼ばれます。

「1番~20番行け!だらだらすんじゃねぇよ!はやくいけ!」等と怒号が飛ぶのは日常茶飯事午後の紅茶。

もちろん名前なんかで呼ばれない。「バイト君」「バイト」と呼ばれるならまだマシなほうです。番号で呼ばれてるのは見ているだけでもなんとも言い難い気持ちになりましたね。完全に囚人状態です。

仕事内容的には、単純作業の簡単なものです。

メットを渡されて指示があるまで体育座りで待機、呼ばれたらダッシュで移動し物を運んだり部品をはめ込んだりするだけ。誰でもできる仕事です。

 

警備バイトは逆に肉体的にはそんなにつらくありません。

大概服装としてはスーツでの仕事になるのが基本です。

コンサート会場の中や外でひたすら立ち続けるだけの仕事。

孤独に耐える仕事ですね。

会場の中であれば、観客席のプラ柵を片膝たちでひたすら抑え続けるだけ。

ライブ時間が4時間なら4時間ずっと銅像のようにステージに背をむけて柵を抑え続ける。柵が倒れないように柵と一体化するだけの簡単なお仕事。

柵を抑えながら寝てる人もいれば、音楽でノリノリになってる人もいますね。

好きなアーティストに当たれば一応音楽だけはタダで聞けるからいいんじゃないでしょうか?一切見ることはできませんが。

 

休憩時間は?

弁当はほぼ100%支給されます。

バイト中にかぶっていた工事用メットを外して、順番に弁当を貰いに行く様はまるでカイジの地下労働状態。

控室で弁当を配っているのはコンサートやライブの設営や警備を取り仕切ってる会社。そこの社員かコアスタッフかはわからないですが、かなり高圧的でバカ騒ぎしてるような場合が多いですね。

土方の方達にも罵声を浴びせられ、控室でも肩身の狭い思いをすることになります。

偶に控室の容量を超えてしまって、通路で休憩してるような場面にも出くわします。

まさに奴隷船。

 

メリットは日給が良くて、割のいい場合もある

日給は大概は10000円以上です。

ご飯は基本付いていて、交通費が出る場合もあります。

意外と休憩時間もしっかりとくれるので、時給自体はかなりいいです。

 

警備の場合は8時間拘束の内、実際の労働時間は4時間なんてのはザラにあります。

仕事中は孤独ですが体力的にもかなり楽で美味しいですね。

設営・撤去も現場の進捗状況によっては休憩時間がかなり多い場合があります。

完全に運なのでねらってこの条件を見つけることはかなり難しいです。

 

なるべく楽にする方法はないの?

個人差はあると思いますが、設営よりも撤去の方が楽な場合が多いです。

大きな現場になるほど何日間もかけて設営します。

なので毎日の進捗状況を見て、バイトの人数も調整します。

急に増やす場合もあれば減らす場合もあります。

ということは常に適正人数というかギリギリの人数で作業することになります。

1人当たりの作業量が多くなるんですね。

 

逆に撤去の場合は、みんなはやく帰りたいんです。

バイトだけじゃなくてコンサートに関わっているあらゆる仕事の人達が早く帰りたいと思ってます。

コンサート終了後、絶対に〇〇時までに撤収完了させるといった契が会場されているので時間をオーバーしてしまうことも許されません。

なので設営時に比べて撤去時はスタッフの人数が多くなってます。

みんな必死なので怒号が飛ぶ量も多い、けれども人数が多いので力仕事も分散されますし、正直サボっていても目立ちません。

なにより予定時刻よりも早く終了する場合も多いので、日給の場合は時間は短くなっても給料は保障されているのでかなり美味しいです。

設営よりも撤去をオススメします。

 

警備の場合は会場の中ではなく、外のほうが割はいいです。

会場内の場合は仕事開始~終了までに休憩がほぼない場合が多く、拘束時間が短いので稼げる金額は少ないです。

 

会場外の場合はライブ中は休憩なので、かなりゆったりとした時間を過ごせます。

会場にお客さんが入るまで業務、ライブ中休憩、お客さんが会場から出る時に再度業務が発生する流れ。

なので拘束時間の約半分ぐらいが休憩時間になります。

これで約10000円貰えるんだから楽なもんですね。

 

そして最後に一番大事な事は、どちらの場合でもなるべく大きな会場での仕事がオススメです。

会場が大きければ大きいほど、スタッフの人数が増えるので仕事量がぐっと減ります。ドームコンサートの設営バイトとかでは、一人で持てるような重たい荷物なんて限られてます。大人数で運ぶのでぶっちゃけ体力的にもかなり楽。

また人数が多いので多少動きが悪かったり、サボっていても怒号を浴びる確率が下がります。これだけでだいぶ体力的にも精神的にも楽になりますよ。

 

芸能人にあえる?

こういったバイトスタッフでは、ほぼ100%会うことはできません。

淡い期待をもって仕事をしないほうがいいです。

アーティストに少しでも接する機会があるとすれば、技術系スタッフや裏口での招待客の受付スタッフ等々かなり限られたポジションになります。

こういったポジションであればバイトでもお話しできる機会もありますよ。

 

まとめ

いつでもほぼ仕事の求人がでているバイト。

コンサートの設営、警備の単発バイトの実態について書いてみました。

もちろん会場によって違いはあると思いますが、概ねはこんな内情です。

 

警備外≧警備中>大会場撤去>大会場設営>>>>>>>小会場設営・設営

楽さやおすすめ具合を示すとこんな感じになりますね。

大会場であれば仕事もそこまで辛くないので、割のいいバイトだと思います。

会場が小さくなれば小さくなるほどオススメしません。

僕なら絶対にやりません!もう一回いいます絶対にやりません!

 

ニート状態のフリーランスが日雇い、単発バイトのおすすめサイトを紹介するよ

上記で紹介したようなコンサート会場でのバイトが探しやすい求人サイトをまとめてます。

 

また、手っ取り早くお得にコンサートバイトを探すなら「アルバイトEX」がおすすめです。

「コンサート」、「イベントスタッフ」といった単語で検索すると数多くのコンサート、フェス、握手会などの求人が出てきます。

アルバイトEX」のいいところは、単発バイトなら普通は有り得ないのですが「お祝い金」がもらえることですね。

普通の日給や、時給以外に「お祝い金」が別途もらえるんですよ。

最大で4万円、平均で3万円ももらえるので他のサイトで求人を応募するよりも滅茶苦茶お得にバイトができます。

アルバイトEX」は大手求人サイト(an、マイナビ、ショットワークス)の情報を纏めて見れるので求人数も多いので単発バイトを探すにはうってつけです。

 

良い日給でお祝い金も貰い、良い会場を選んでなるべく楽にバイトをしましょう~。

以上、きついと評判のコンサートの設営、警備の単発バイトの実態は?についての記事でした。